ペンタックスMX

カメラ話。

この前の休みに、ペンタックスMZ-3と、リコーGR1Vのフィルムがどちらもちょうど撮り終わったので、メインカメラをペンタMXにチェンジした。
yabbieのカメラは意図せずも、描写系というか、カリカリの写りでなく柔らかい写りと言われる機種・メーカーが揃ってしまっている。yabbieとしては、パッと見で見栄えがするカリッとした写真が素人的にも望ましいのだが、数年前によく分からずGR10を買って以来、リコー・ペンタが揃うことになった。
最初にコンタックスT3とか買えば良かったのかな?あっちの方が写りがこってりハッキリしていて、描写例なんかも良いんだよな。GRは素人には良さが分かりにくい。AFの性能も、ヨドバシで触っただけでも、T3とかコニカミノルタのTC-1が上回っているようだし。でも、じっくり使っているうちに愛着が持ててきたような気がする。今はたいてい子供と出かけるときにはポケットにGR1Vを突っ込んでいく。

ところで、久しぶりのフルマニュアル機Pentax MXの感触だが、ファインダー像のでかさにまず感動。これは、比較的新しいカメラをしばらく使った後にMXに戻ると必ず感じる美点だ。ファインダーでしっかり被写体を見て撮るという基本に戻れるようである。新しい機種というのは、AFだからといって、ファインダーがあんなに素通しで小さくて良いのだろうか?少なくとも写真を撮る動作が面白くないのではないだろうか。ま、ペンタはプリズム使っているし、ファインダーについては他社よりは良いのだろうけど、AF一眼レフでファインダー像でかくて、ピントの切れも良くて、という写真を撮ることそのものが面白くて、思わず空シャッターを切ってしまうような良い機種を出して欲しい。そうすれば、またカメラも復興しないかな。(マニュアルですが、ニコンのFM3Aなんかがそうでしょうか?)
デジ一眼の*istDsもかなり良さそうなんだけど、またすぐ新しい機種出るだろうしなあ。新しい機種が出ても、こう愛着のみで使い続けられるような機種が欲しい。発売後20~30年たったMXは今も新鮮で、ずっと持ち続けたいと思わせる何かがある。職人魂?とかそういうものか?もともと大量生産の製品なんだけれどもね。

いつまで撮れるか分からないが、大事に使っていきたいと思う。
[PR]
by yabbie | 2005-04-06 12:59 | Camera