公園遊び道具「エックスジャイロ」

この前、みなとみらいのワールドポーターズにあるL-Breathで、良いもん見っけ。(後で調べたら、ハンズやロフトみたいな面白道具の店でも売っているとのこと。)

X-ジャイロといって、ペットボトルを輪切りにしたような輪っかを回転つけながら、「びゅーん!」と投げて遊ぶ屋外系おもちゃ。

根岸森林公園みたいな何も無い芝生広場で、最初はホントにどこに飛ぶかわからないので広い場所でどうぞ。うまく飛ぶと100m級の飛距離が出るのだ。ただのプラスチックの輪っかなのに何で!?というぐらい気持ちよく飛ぶ。
これも、コツがいるので何回かに一回しかイチローばりのレーザービームとは行かないものの、上手くいったときは、なかなか快感だ。意外とはまります。
自分で投げて、走って取りにいったりして、この季節もう汗だくです。日頃の運動不足を解消しよう。
結構お薦め。

実物はこんな感じ。

c0039274_21371273.jpg

c0039274_21373382.jpg

どちらも、発売元その他からの引用。

【解説】
「設計:マーク・フォーティ氏
ハイテク感覚の飛行遊具。手首のスナップを利かせ回転力をつけて飛ばせば180M以上も彼方へフライイング。
エックスジャイロは回転軸の法則と飛行の空気力学に基づく最先端のテクノロジーから生まれた新しいタイプのキャッチングゲームです。アメリカ ベイラー大学の学生が発明し、航空宇宙産業界で改良されNASAの検査を受けた。シンプルな構造でありながら空気力学と回転軸運動によりニ重翼飛行機の不変エアホイルと同じ方法で驚くほどの上昇力を生み出す。手首のスナップをきかせ、回転力を与えながら飛ばせば180m以上飛び、キャッチボールのように飛ばしあったり、対抗ゲームなど工夫次第で遊び方も色々。大人のハイテク感覚の飛行遊具を体験してみてください。」
ですと。
[PR]