三浦半島油壺 荒井浜海岸

今日は、夏休みをとって奥さんとチビと三人で海水浴。

チビが早起きして朝6時には元気一杯暴れていたので、早めに朝食とって、おにぎりと卵焼きのお弁当準備して、9時には自宅出発!
一路、車で油壺の荒井浜へ。

周りは、お盆明けで夏休みも終わりの雰囲気だったけど、横浜横須賀道路は車も少なくて快適ドライブでした。ナビどおり衣笠で降りて三浦縦貫道へ。便利だけど¥300はちと高くないかい?と思いながら、でも油壺まで行くのは結局だいぶ下道を走ることになる。もう少し延長されればいいのにねえ。

油壺の公営駐車場(一日¥500也)は、それでも10時過ぎでほぼ満杯状態。
駐車場から浜までは、どの浜に降りるのも結構歩くことになる。荷物多いときは要注意です。
約10分歩いて、荒井浜へ。
ここは、yabbieが子供の時から何となく海水浴と言えば来ている場所です。三浦半島でも相模湾側の先端に近い方であり、住宅地からはある程度距離があるので、だいたいいつも透明度が期待出来るのが良いところ。今日みたいな真夏でも背の立つところであれば足下に群れてくるベラの魚影は確認出来る。
季節外れに9月ぐらいになるともっと透明度が上がって、人も少なくなるので磯遊びに向いていると言えます。

今日の息子は、まず綺麗な砂浜の砂に大感激。お砂場好きの彼にはたまらない魅力であったであろう。何しても良いよ、という開放感が彼をうきうきさせているのが解る。
海もほぼ初体験だが、一緒に入ってやるとジャブジャブと結構大胆に入っていく。あまり怖がってはいないようだった。あまりに自然に入っていくので、こいつ泳げたっけ?と勘違いしそうになってしまった。
しばらく波打ち際にべったり座ってお砂遊びに夢中になる。暑くなると抱っこで深いところまで連れて行ってやった。

11時半には、早めのお昼ご飯。
yabbie家恒例、お握り&卵焼き&キンキンに冷えた缶ビール。
息子も一丁前にお握りを頬張った。
仕上げにもう少し泳いで、12時過ぎには早揚がり。

海の家でシャワー(¥500だったかな)浴びて、さっぱり着替えて帰った。ここの海の家は価値があると思う。清潔でなかなかお勧め。

駐車場からは、まだまだこれからの人々がゾロゾロと降りてくる。
いつも思うけど、みんな朝のスタートをもう少し早くすれば、人も空いてるし一日長く楽しめるよ。
だいたいyabbie家では、午前中に勝負をつけるつもりで行くことが多いけど、とても快適です。人より早く行って混む前に帰ってくる。これが首都圏で生きる知恵ですな。

来年は、チビがもっと楽しめるようになるかな。
日除けのテント買おうかな。。。
[PR]
by yabbie | 2005-08-17 22:25 | 旅行記