ザ・フィッシング タチウオ

土曜日の夕方は、毎週そわそわしてしまう。

何故なら、週に一回しかない釣り番組のテレビ放送があるのだ。(BSかなんかで日曜日の朝早くやってるのもあるが、釣りに行くとき以外でそんなに早く起きれるかい!っていう時間なもので却下。昔は、日曜日の夕方も釣り番組なかったっけ?がまかつだったかなあ、スポンサーは。)
17:30からテレビの前に釘付けである。

今週は、ちょうど先々週行ってきたタチウオ。

大塚さんはさすがに上手いですね。
当たりの出し方、魚の掛け方が、テレビで見ていてもハッキリしていて分かりやすいです。

リーディングXタチウオ1.95 (新製品)が出ていたけど、結構先調子みたいだったけど、魚が掛かると胴が良く曲がっていた。
最近のダイワの竿は、狙いがこうゆうところのロッドが多いですね。極端に竿先が柔らかくて、喰い込みが良い。次も魚が掛かれば良く曲がる。根本のバット部は強い引きにも耐えるようにペナペナでなく安定感ある造りだ。
竿先があれだけ柔らかく出来るのは、新素材が効いているんだろうか?
欲しくなるけど、あんまり釣果には関係ないんだよね竿は。
貸し竿でも、重り負荷が合ってればそこそこ掛かってくるし。

釣り具の中で、一番快適で、買う価値があるのは何だろう。
①ウェア・長靴
②バッグ
③リール
④竿
の順だろうか。
①、②はホントに専門の道具を持っているのといないのとでは大違いである。また、リールは良いものほどスムースで、とっさの動きも滑らかに出来るので、快適な釣りには必要である。下手をするとガタガタが気になって釣りにならない場合もある。
最後が竿だよな。船釣りの場合は。渓流とか鮎だったらもしかすると竿の役目は大きいかも知れないけど、でもウェアの重要性には敵うまい。

しかし、道具はだんだん増えていくよな。。。
もう置き場がないぞ。。。
[PR]
by yabbie | 2005-09-03 23:27 | 船釣