えらいこっちゃ! JRの駅で緊急対応って

今日、山手線でえらいことに出くわしてしまった。電車の中で、若い女性が突然ドサッと倒れて「うーっ」と呻きながら白目をむいて痙攣していた。多分、脳溢血か脳梗塞か、分からないがどちらにしても頭の関係みたいだった。以前にも脳溢血の患者さんを見たときと同じ感じだった。本論に戻る。
 当然、周りの乗客はびっくりしておろおろしてしまったが、中にしっかりした人が居て、原宿駅で電車から皆で抱えて女性を下ろした。そこからである。下ろしたものの、どうして良いか分からない。原宿駅は普段駅員がホームに居ないのか?事故とか何かあったらどうしてるんだろう?
 結局、一人が走って改札の駅員に知らせてホームに来てもらうまで約5分。遅くないか?ホームに緊急時の電話も無いし。電車を止めるボタンはあるけど、ちょっと違うよな。駅員に来てほしいこともあるだろうと思う。

 最近、駅員って少なくないですか?リストラ・効率化かなあ。であれば、緊急時に連絡取れるようにしてほしい。とかく、非常事態はびっくりして冷静な動きは出来ないので、まずどうしたら良いか分かりやすくしてほしい。
「列車との事故」「乗客の急病」「犯罪」そんなにパターンとしては多くないだろう。それぞれのマニュアル作りと、マニュアル以外の部分で、やはりホームから緊急連絡先につながるようにしてほしい。それも長いホームのどこか、ではなくパッと見れば分かる場所に作ってほしいと思う。

 全然関係ないが、ホームの喫煙所を整備するよりも、そう言うみんなの役に立つ設備を重点的に整備してほしい。
[PR]