船のカサゴ・メバル釣り

前回のカワハギ釣りに続いて、もう一つはまっているのは、カサゴ・メバル釣りです。

これは佐島の海楽園か、新安浦の義和丸ですかね。
どちらも冬場以外の釣りです。
 海楽園はカサゴメインかな。
活きイワシの2本針胴突き仕掛けで狙います。
義和丸はメバルメイン。コマセ無しの空サビキ(エビ風のバケ)の3本針胴突き仕掛けです。

どちらも使用タックルは、サクラNEWマゴチ竿1.8m(重り負荷10-15号)、
リールはリョービレグノメタル右巻きPE2号100mです。

タナは、カサゴはベタ底5cm狙い、メバルは底上50cmぐらいに重りをキープするようにします。
根の上を流すようなので、カケ上がりや下りなど海底は上下するため、こまめにタナを取り直します。
最初は、このタナの取り直しの頻度ややり方が掴めるまで少し時間がかかるでしょう。

アタリは、いきなりガン!、グググッ!と来るので、
魚の重みを感じたら竿全体をスーッと上げて向こうあわせで針掛かりさせます。
巻き上げは一定回転で無理せず巻いていきます。
カサゴメバルは最初のアタリが良いのですが、途中はまったく引かないことが多いです。
水面近くでまた魚の気配が強くなります。
良型のときは巻き上げるときの水の抵抗が全く違う!

食味はどちらもぐー!
yabby的にベストレシピは、カサゴは皮引かずに湯引きして刺身。
メバルは煮付けでしょうか。
どちらのレシピも大型ほど味が良い。
カサゴ良型の煮付けはメバルに比べてパサつくような気がします。
小型はだいたい二度唐揚げしてから南蛮漬けですね。頭からバリバリいけちゃいます。

なんと言っても、釣りは釣る楽しみ+食べる楽しみがありますね。
家族が喜んで食べてくれるのも嬉しいものです。
これが無かったらこんなに釣りにはまることは無かったでしょう。

早く釣行したいですな。
[PR]
by yabbie | 2005-01-22 02:39 | 船釣