クロメバル@猿島

3月になればyabbie待望の猿島沖の空サビキメバルが始まると思う。

yabbieの沖釣り初釣行は、このサビキメバルから始まったのだった。サビキメバルというのは勝手な呼び名だが、横須賀・新安浦港から出船する義和丸・こうゆう丸などで体験出来るエビメバルの代わりに、コマセなしのサバ皮バケのサビキで釣る釣法である。船宿によって仕掛けの詳細は異なるが、ハリス2号・エダス1号ぐらいの比較的細糸で、針は3本針。バケは、長さ3cmぐらいで、魚にとってはこれが藻エビ等の小エビや小魚に見えるのであろう。
釣り場は、一貫して猿島周りのようだ。
ちなみに釣れるメバルのサイズは、リリースサイズのちびメバルから、大は25cmオーバーのクロメバルまで様々であるが、少しすれ気味なのかちびが目立つときもある。

仕掛けの全長が1.0mから1.8m程度なので、竿は少し長めの2.4m程度がベストか。イワシメバルのペナペナ竿よりは、エビメバルの様に先調子の方が、根回りを攻める釣りなのでコントロールしやすいだろう。しかし、重り負荷15号程度の普通のキス竿でも全く問題ないだろう。
リールは、底立ちを頻繁に取る必要があるので、小型両軸リールがマッチする。ダイワ早技105シリーズや、シマノクイックファイヤー等、各メーカーの一番小さなタイプで問題ない。もちろん財布に余裕があればSmakやら何やらも便利である。

道糸はPEライン1.5~2号。錘は25~30号使用。ロッドとのバランスにもよるが、竿先が固めで撥ねる場合は、メバルが餌をくわえたときにバラす可能性が高いので、ナイロン4~5号の先糸を3~10m程度付けると良いだろう。



釣り方は、基本的に錘を底から50cmにキープすること。下手に動かすとメバルに警戒心を与えてしまうため、釣果に響く。同様に、時化の時など船が上下する場合は、なるべく錘が海中で上下しないようにキープする必要がある。まさに「目張は凪を釣れ」である。
場合によっては、ベタ底狙いが功を奏する場合もあるし、タナが底から1m程度上ずる場合もある。これは、ケースバイケースでその日のアタリパターンを探るしかない。

メバルがサビキをくわえると、魚信はググッとはっきりと来るので、竿先でいなすか心持ち送り込む様にすると、向こう合わせで魚が掛かり重い引きとなる。この時、最初の魚信で大合わせをするとメバルはサビキをくわえているだけなので、すっぽ抜けの原因となる。あくまで向こう合わせが重要である。
数釣りには追い食いを狙うことが必須である。メバルは群れているので、一尾かかるとそれに踊ったサビキを次々に追ってくる。同様に、隣の人に掛かると自分にも順番に掛かることが多い。追い食いさせるには、一尾掛かったら竿先を50cm程度上げ、引きをいなしながら次のアタリを待つ。待ち過ぎも禁物だが、メバルは比較的口が丈夫なので、竿先を緩めない限り大丈夫である。一度に、二尾・三尾と追い食いさせられれば、その日のクーラーは満タンになること間違いない。

横須賀・新安浦港から出船の船宿は、午前船(7:30~12:30)・午後船(13:00~16:00?)の二回制で、午前午後の通しや、釣りものを変えてリレー乗船も可能である。
午前または午後のみは5,000円から。通しやリレー釣りは8000円からとかなり良心的な値段設定だと思う。

これから、季候も良くなり楽しみな季節である。

メバルの水中写真 from Daiwaホームページ
[PR]
by yabbie | 2005-02-13 14:19 | 船釣